希少!幻の高級コーヒー コピ・ルアクを中深煎りで焙煎しました!

お店やホテルで飲むと、一杯、5,000円以上するとかしないとか。。。

本日、コピ・ルアクを中深煎りで焙煎しました。
希少で、幻の高級コーヒーといわれるコピ・ルアク。
手に入った豆が少なく、50g商品が8個。数量限定のご用意となります。

一年に一度の贅沢。
いや、一ヶ月に一度の自分へのご褒美にいかがでしょうか。
コピ・ルアク、是非ご賞味ください!

希少!幻の高級コーヒー コピ・ルアク


コピ・ルアク(50g)

コピ・ルアク(50g)

コピ・ルアク 松屋式セット

コピ・ルアク 松屋式セット

インドネシアのコーヒー農園で栽培されるコーヒーノキの熟した果実・コーヒーチェリーは、しばしば野生のマレージャコウネコに餌として摂食されます。果肉は栄養源となりますが、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されるので、現地の農民はその糞を探して中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄してよく乾燥させた後、焙煎します。
コピ・ルアクは独特の複雑な香味を持つと言われています。ジャコウネコの腸内に存在する消化酵素の働きや腸内細菌による発酵の働きで熟成され、コーヒーに芳醇な香味が加わるのです。

コピ・ルアクの歴史

インドネシアがオランダ植民地時代、農家労働者は商品としてのコーヒー豆を取って飲むことは許されませんでした。コーヒーチェリーが大好きなジャコウネコの糞にコーヒー豆がそのままの形で残っていることを労働者達は見つけました。
見つからないようにキレイに洗い焙煎して飲んだのです。


コメント


認証コード7631

コメントは管理者の承認後に表示されます。